CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
PROFILE
LINKS
OTHERS
PHOTOS
www.flickr.com
ponkan's photos More of
ponkan's photos
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< おいでませ山口へ | main | 金魚だらけ町 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | -
黄色い夏みかんは...
萩、武家屋敷

2日目は
山口市 → 島根県 津和野町 → 山口県 萩市
です。

小京都めぐりですね。
もっとも山口市は時間の都合で湯田温泉以外はいってませんが。(^−^;
津和野は下の写真のように古い武家屋敷と堀割を泳ぐ鯉が有名ですよね。
近くで見ると、とっても大きくってまるまる太ってます。
ゆかりの文学者としては森鴎外があげられますが、残念ながら旧宅とかは訪ねませんでした。
画家の安野光雅さんもここの人で安野光雅美術館があります。
途中、電車やバスの窓から見る広大な田園風景は彼の絵と通じるものを感じました。

津和野

昼ごはんは「うずめ飯」をいただきました。暑かったので、とってもさっぱりしていて美味しかったです。(^−^
SLやまぐち号も見たかったのですがタッチの差で見れませんでした... 残念。

津和野から萩へはバスを使いいました。
この辺りは鉄道よりバスの方が便利です。
特に萩にいく場合は、新山口からでも湯田温泉からでも津和野からでもバスで行く方が時間が節約できます。ですからこの日は18切符を使いませんでした。

萩は昔ながらの風情を色濃く残した町です。
観光スポットは意外と広く分散していて、まわるのが結構大変です。
最初ここに宿泊する予定じゃなかったのですが、泊まっといてよかった。
一回100円のまわ〜る循環バスっていうのがあるので、うまく使うと安くて楽です。

行ってみて、萩にはいろんな要素があるのだなと思いました。
毛利氏の城下町としての古い町並みや吉田松陰の松下村塾はじめ明治維新胎動の地としての史跡はもちろん、萩焼の焼き物の郷としても有名なのはいうまでもありませんよね。
温泉があることは今回初めて知りました。また漁港としても発展していてブランド海産物が結構いっぱいあるんですね。海水浴場なんかも普通にあるのが一番おどろいたかも。(^ー^;

黄色い夏みかんと古い町並みを写した写真を撮りたかったのですが、黄色い夏みかんが見つかりませんでした。orz
夏みかんだから夏に行けばあるだろうと思ったらあまかったようです。ははは。

晩ご飯はリッチにウニ丼たべました。萩の名物ですし、旬ですしね。(^ー^
地元で安くてうまい店をきいたので、1200円で食べられました。
観光ガイドなんか見てると安くても3000円ぐらいはしてるのに、いったい何なんでしょう。
これも萩名物、瀬付きアジのお刺身と地酒をたのんで2000円ちょっと。満足です。(^ー^

ウニ丼

お泊まりも萩グランドホテルで素泊まり+温泉で7500円。僕にしては少しリッチでした。:P

次は仙崎〜柳井編です。(^−^
comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | -
コメント
いや〜、うらやましいかぎりっす(^o^)/
| miyahoo | 2005/08/16 4:24 PM |
萩は電車じゃ行きにくいので、バスツアーがおすすめです。(^−^
| ponkan | 2005/08/16 9:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://ponkan.jugem.cc/trackback/227
トラックバック
この日に撮った写真
flickrからロード中... 環境にロードできない場合もあります。